藤が丘駅徒歩1分 高品質な設備と技術、頭痛治療に特化した専門治療院

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

手首が痛いので整形外科でレントゲン検査を行い、

「TFCC損傷は治らないです」

「もともと尺骨(小指側の前腕の骨)が長いから治すなら手術しかないです」

このメニューを読んでる方は整形外科医の先生から

こんな言葉を言われたことがある方も多いと思います。


TFCC損傷の症状は手首の小指側の痛みです。

・押して痛みのでる圧痛

・ドアノブを開けたりするような手首をひねる動作

・テニスやゴルフなどでのボールを打つ際の痛み

などが症状としてみられます。


確かにTFCC損傷は受傷原因や損傷の程度によっては

保存療法ではなかなか完治しにくい疾患です。

ですが、受傷原因や損傷の程度によっては

当院の治療を受けて痛みがない日常生活を取り戻せたり、

スポーツに復帰できたり、我慢していた趣味や習い事を再開できた方も多くいらっしゃいます。


~TFCC(三角線維軟骨複合体)とは~

TFCCには手根骨と尺骨の間にかかる負荷を均等にするクッションとしての役割と

遠位橈尺関節に安定性を与える役割があります。

tfcc





~TFCC損傷の主な原因~


【加齢によるもの】

年齢とともに筋肉の柔軟性が失われたり、

軟骨がすり減ったりする事によりTFCCが痛みを起こす事もあります。


生まれつきや骨折などにより尺骨が長い場合

手首にはたくさんの骨があり尺骨・橈骨という骨が存在します。


TFCCは尺骨の先に存在します。


この尺骨が生まれつき長かったり、

骨折などの後で長くなってしまうと、

尺骨によりTFCCが突き上げられるようなストレスが生じてしまいます。


これを尺骨突き上げ症候群といいます。


これが原因でTFCCが損傷を受けてしまう事もあります。


正常のレントゲン

WRIST・正常 (2)


尺骨突き上げ症候群


尺骨突き上げ症候群 (2)

スポーツや転倒による損傷

野球やテニス、ゴルフなど繰り返し手首に外力がかかったり、転んで手をついた時などにTFCCは損傷します。

手首を小指側に曲げるとTFCCには圧迫されるストレスが、親指側に曲げるとTFCCには引き延ばされるストレスがかかり、それが繰り返される事が損傷の原因となります。


~TFCC損傷に対する治療~

受傷原因や手首周辺・患部側の腕の状態・身体全体の状態で治療内容も大きく変わってきます。

症状や原因をしっかり見極めて当院が持っている知識・技術・治療設備の中から最良の治療を選択し1日でも早い痛みからの解放を目指します。


DSC05544 (2)


当院ではTFCC損傷と診断された方を対象とした施術を行っております。

WEB予約はこちらから

ティーダ鍼灸整骨院

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX3F
【アクセス】 東急田園都市線 「藤が丘駅」徒歩1分
【診療時間】 8:45~12:00 14:00~19:00(土曜日9:00~12:00)
【休診日】 日・祝

045-507-4989

子宝専科

Web予約

女性専科Web予約

交通事故治療

お知らせ

2018.9.20
都合により9月25日(火)午前を休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
2018.9.12
都合により9月13日(木)16時以降の診療を休診させていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。
2018.5.8
現在準備中です
  • 子宝専科

  • Web予約

  • 女性専科Web予約

  • 交通事故治療

  • Facebook

Facebook

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop