藤が丘駅徒歩1分 高品質な設備と技術、頭痛治療に特化した専門治療院

顔面神経麻痺

~顔面神経麻痺とは~

顔面神経麻痺とは、突然に発症する表情筋麻痺であり、

閉眼不能や接触困難といった日常生活上の支障に加え

美容の面からも患者さんの苦痛は想像しがたいものがあります。



脳梗塞などで起こる中枢性顔面神経麻痺と、

顔面神経が脳から顔に伝わる経路で障害が起きる末梢性顔面神経麻痺

があります。


末梢性顔面神経麻痺の原因は

約60~70%が特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)、

10~15%がハント症候群です。


その他には、

頭蓋骨の骨折や手術の合併症、耳下腺がん、中耳炎などがあります。


症状は片方のまぶたが閉じられない、

口元から水が漏れる


などが代表的です。


中枢性顔面神経麻痺では

緊急治療が必要な脳梗塞などの可能性があるので顔面の麻痺にあわせて

話しにくさや手足の動かしにくさなどを自覚した時は、

まず神経内科や脳神経外科のある病院に受診しましょう。


~顔面神経麻痺に対する治療~

当院での顔面神経麻痺に対する治療は時期や症状にもよりますが

鍼治療とアキュースコープを中心に行います。


0188 (2)


顔面神経や顔面神経管を含めた周辺組織の血流を改善し、麻痺の回復させます

当院では、太さが0.1mm(髪の毛と同じくらいの太さ)と非常に細い鍼を用いて、

治療点に5~10mmくらい刺入します。

用いる鍼は、すべてディスポーザブル(使い捨て)となっています。


とくに発症後1ヵ月前後の時点で麻痺の回復が停滞している場合は、

鍼治療の良い適応になるのではないかと考えています。





また、鍼治療の筋緊張を緩和する作用は

拘縮の軽減

表情筋の萎縮

にも役立つものと思われ、適応する病期は広い範囲にわたると考えられます。



当院の臨床上


鍼治療を開始してから表情がよくなった、

鍼の後は顔の動きが軽くスムーズになるといった訴えが多く、


内出血や刺鍼時の痛みなどの訴えが稀にあるものの、

神経痛や感染など問題となる合併症は認められていません。



病期に応じた現代医学的治療が

何らかの理由で行えない場合、

行ったが十分な効果がみられない場合

患者さん自身が希望する場合


などには鍼治療を試みる価値があると思われます。


※当院は顔面神経麻痺の鍼治療は医師の管理下で治療を行うことが重要と考えています。

顔面神経麻痺の診断・治療にはいくつかの選択肢があり、

鍼灸師がそれらの治療についてすべて管理することは困難であり

鍼治療ですべての患者さんが治癒するわけではありません。



医師と鍼灸師が連携して顔面神経麻痺の治療を行うことは十分に可能であると考えます。


当院を顔面神経麻痺で受診の際には、

可能であれば診療情報を提供していただけると、

治療経過をみる上でたいへん参考になります。

WEB予約はこちらから

ティーダ鍼灸整骨院

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX3F
【アクセス】 東急田園都市線 「藤が丘駅」徒歩1分
【診療時間】 8:45~12:00 14:00~19:00(土曜日9:00~12:00)
【休診日】 日・祝

045-507-4989

子宝専科

Web予約

女性専科Web予約

交通事故治療

お知らせ

2018.9.20
都合により9月25日(火)午前を休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
2018.9.12
都合により9月13日(木)16時以降の診療を休診させていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。
2018.5.8
現在準備中です
  • 子宝専科

  • Web予約

  • 女性専科Web予約

  • 交通事故治療

  • Facebook

Facebook

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop