藤が丘駅徒歩1分 高品質な設備と技術、頭痛治療に特化した専門治療院

治療院ブログ

一歩、いっぽがあなたの宝

2018年9月20日 (木) 14:39

こんにちは!

院長の鈴木祐太です。


今回は10年ほど前に私自身が沖縄を一人旅している時に出会った言葉を紹介させていただきます。


与那国1


『あいぐはんきどぅ どぅるやびっかる』


歩く。


足のうらには泥がつく


歩いたあとには

歩いた跡が

大地にちゃーんと刻まれる


一歩

あるくと足あとが


二歩

あるくと足あとが


一歩 いっぽが

あなたの宝


沖縄の八重山諸島の1つである日本最先端・与那国島で出会った言葉です。


この言葉に出会い今まで経験してきた様々なことが自分にとって大切な一歩なんだと強く感じたのを覚えています。



当院には様々な悩みをもった方々が通院されています。


患者様の悔し涙が嬉し涙に変わる瞬間


その一瞬一瞬にやりがいを


そして、生きがいを感じています。


患者様が流した悔し涙が患者様にとっての大切な一歩であり


人生の宝物になるように


そして、嬉し涙に変わるように


ティーダの力で全力でサポートしていきます。


cebde9937a9bb63eeefc432531a8cbe2_s



カテゴリー: 治療院ブログ

1年以上続いていた痛みがわずか1ヶ月で解放されました

2018年9月12日 (水) 19:06

こんにちは!

今回は当院に通院し、

1年以上悩んでいた症状がわずか1ヶ月で快方に至った

青葉区在住のS.O様の症例と喜びのコメントを頂いたので

ご紹介させていただきます。



S.Oさまは頸椎椎間板ヘルニアと四十肩で1年以上整形外科に通いましたが

なかなか快方に向かわず悩んでいたところ

当院と出会い、週に2回を目標に通院を開始しました。



通院初期は

炎症症状が強く、四十肩による可動域制限も出ていたため

アキュースコープを中心に炎症と痛みを抑える施術と

ハイボルテージや鍼で硬くなった筋肉の緊張緩和を行っていきました。


通院2週間くらいは

施術を行っても次の日に症状が戻ってしまったり

痛みがなかなか取り切れなかったりと苦戦をしていましたが


それでもSさまは諦めずに毎週欠かさず週に2回通院をしていました。


だんだん施術効果が現れ、次の日に戻ってしまった症状が

1週間症状が出なかった、それからだんだんと

痛みがほとんどないといったところまで

快方に向かいました。


症状が戻ってしまったときは

違う方法を試してみたり


Sさまの日常生活で気になることを

問診し、気になる筋肉や関節に

アプローチしていきました。


そして通院して約1ヶ月で

頸椎椎間板ヘルニアと四十肩による痛みがなくなり

日常生活に差し支えないほどになりました。


現在も予防で毎週欠かさず通院されています。


Sさまの「痛みを治したい」というぶれない目標と

毎週欠かさず通院するという自分とのお約束を守っていたこと


Sさまの前向きな精神が早期の完治に結びついたと言えます。


現在Sさまは施術の他にも自宅でトレーニングを行ったりと

自分の身体と向き合い

健康な身体づくりをされています。


Sさまの直向きな努力、本当に素晴らしく思います。


これからも身体のメンテナンスでしっかりとサポートさせていただきますね!


青山さん (2)

Sさま ご協力いただきありがとうございます。


※写真と症例の公表はご本人様許可を得ています。

カテゴリー: 治療院ブログ

肩関節周囲炎から解放されました

2018年8月28日 (火) 15:38

左肩関節の強い痛みと可動域制限(腕が90°以上挙がらない)があり当院を来院されました。


痛みが強く夜寝がえりをするだけでも

激痛で目が覚めてしまうということもあり、

まずは炎症を抑える為に初期はアキュースコープをメインに施術を行いました。


夜間痛や炎症の様子を確認しながら

可動域の回復を目的に

手技療法やハイボルテージ療法、鍼治療を加えていきます。



夜間痛も当院に通い始めて5日ほどでなくなり

しっかりした睡眠を取り戻すことができました。


週に2~3回ほどのペースで通っていただき

2か月ほどで日常生活動作は不便なく生活を送れるほどに改善しました。



どんな疾患もそうですが、

特に肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)は

いかに早期に治療を開始し炎症を抑え

関節拘縮(関節が硬くなる状態)を防いであげることが大切です。

関節拘縮の有無で予後も大きく変わります。


四十肩 S・S (2)


S.S様の「治したい」という

しっかりとした目標と

通院を怠らずに頑張った結果がしっかりと現れましたね!


これからも再発防止に励んでいきましょう!!

カテゴリー: 治療院ブログ

たった1回の施術で・・・!!

2018年8月24日 (金) 16:59

前頭部に締め付けるような強い頭痛が起こり当院を来院されました。


来院前日から首から肩にかけての痛みと凝り

眉上のズキズキする痛みを伴っておりました。


まずは首肩の緊張を軽減させるハイボルテージ療法や鍼灸を組み合わせ


アキュースコープで頭部に特殊なアプローチをかけました。


その結果


たった1回の施術で頭痛が改善され、以後再発しておりません。


今後薬に頼りたくない

ということで2週間に1回定期的にメンテナンスをされております。


頭痛の原因は様々です。


原因をしっかり追究し施術を行っていくことが

症状改善の近道と言えるでしょう。


A.Sさま

あれから頭痛が再発していないということでお力になれて本当に良かったです。

また定期的にメンテナンスをして再発防止をしていきましょう!

頭痛 A.S (2)

カテゴリー: 治療院ブログ

臓腑ってなに?

2018年8月9日 (木) 09:09

こんにちは。院長の鈴木です。

前回は“西洋医学”と“東洋医学”の違いついてお話させて頂きました。

その中で、

『臓腑』ってなに?

『経絡』ってなに?

と思われた方も多いと思います。


そこで今回は、『臓腑』についてお話させていただきます。

ちなみに

臓腑←『なんて読むの?』と疑問に思った方も多いと思います。

『臓腑』と書いて『ぞうふ』と読みます。


東洋医学では内臓のことを臓腑と呼びます。

臓腑は臓と腑の2つに分けられます。


臓は心・肺・脾・肝・腎の5つがあり、

まとめて五臓(ごぞう)とよびます。


腑は胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦の6つで

まとめて六腑(ろっぷ)とよびます。


臓は、気や血、栄養素といったからだに必要なものを生成し、貯蔵する器官です。


腑は、わたしたちが食べたものが、

からだの中を通り抜けながら消化・吸収させ、不要なものを最後に排泄させます。

腑は食べ物の通路となる中空の管のことです。


臓と腑には関係が深い組み合わせがあります。


心と小腸

肺と大腸

脾と胃

肝と胆

腎と膀胱


このペアとなる臓腑はどちらか一方の調子が悪くなると、もう片方も調子が悪くなることがあります。


これら臓腑の調子が乱れることを変調といいます。


からだが熱をおびる、冷えるなど様々なことが原因となって臓腑は変調します。


そして、どれか1つの臓腑に変調が起これば他の臓腑も影響を受け、

からだのバランスを崩し病気をもたらすことが多いのです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


少し難しいお話になってしまいましたが、

ティーダではどのような考えのもとでみなさまの心やお身体と向き合っているかというのを

少しずつお伝えできればと思っています。


0089 (2)

カテゴリー: 治療院ブログ

西洋医学と東洋医学の違い

2018年8月3日 (金) 17:59

こんにちは。院長の鈴木です。


今日は“西洋医学”と“東洋医学”の違いについてお話したいと思います。


当院では患者様の症状やお身体の状態に合わせて“西洋医学”と“東洋医学”の考え方や治療方法を選択します。

みなさまがふだん受診することが多いのは近代に発達した“西洋医学”による診察と治療だと思います。

では、西洋医学と東洋医学は何が違うのでしょうか?

私自身も東洋医学の勉強をするまではわかりませんでした。


まず、2つの医学は、人の身体をどのようにとらえるかが大きく異なります。

西洋医学では人体をパーツ(さまざまな器官)の集合体としてみます。

東洋医学では人体全体を1つのものであると考えます。

これが治療方針の違いとなります。


簡単にいえば、西洋医学では病気になっているパーツをみつけ、

そのパーツを正常に戻せば病気は治療できたことになります。


西洋医学では様々な検査をおこない導き出されたデータや画像を検討し

平均的なものよりどのくらいずれているかで、そのパーツが正常か異常かを判断します。


そのため症状があっても明確な異常が表れないと治療の方法が決めにくくなります。



東洋医学でも人の身体を臓腑(ぞうふ)や経絡(けいらく)などに分けて考えます。

しかし、これらはすべて連続していて人体は1つのものであるとします。

東洋医学でいう病気とは、からだのある部分の調子が悪くなって、

からだ全体に影響がおよび、別の部分に症状が現れてきたものです。

なのでパーツではなくからだ全体の調子を整えるのです。

0089 (2)



全体がよくなれば症状や病気もよくなることが期待できます。

また、肉体だけでなく心の状態も入っているのが特徴でもあります。


当院のコンセプトでもある


”患部だけを診るのではなく身体的(身体)と精神的(心)の両者のバランスが取れている状態”


このコンセプトも東洋医学の概念から当院が大切にしてる考え方です。


次回も当院の治療に対する考え方などを紹介できればと思います。

カテゴリー: 治療院ブログ

夏季休診のお知らせ

2018年7月31日 (火) 15:43

8月17日(金)~8月23日(木)まで休診とさせていただきます。


お盆の時期は通常通り行います。

※8月11日(土・祝)➡通常営業

※8月16日(木)➡16時までの受付

 

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 治療院ブログ

“ティーダ”のとは

2018年7月31日 (火) 15:29

今回は当院名である“ティーダ”の由来についてお話させて頂きます。


よく患者様に『ここの先生は沖縄出身なのですか?』と聞かれることがありますが、残念ながら沖縄出身ではなくただの沖縄好きです!

特に離島が好きで今までに24の沖縄の離島を旅してきた旅人です。


島には“島時間”と呼ばれる時間があります。


“沖縄には違った時間が流れている”


旅をしていると島を散策して海を潜ってまた散策して…

すごい充実した時間を過ごしたのに時計をみるとまだ昼前だったり。

この感覚がすごい好きで行くたびに心と体が癒されていくのを覚えています。


“ティーダ”とは琉球語で”太陽”を意味します。
色々な症状で悩む多くの方が太陽のように明るく笑顔になれるよう導くこと。

そんな気持ちを込めて“ティーダ”という名前に決めました。


悩むのはみなさんではなく私たちの仕事です。

どんな些細なことでもいいです。

お身体のことでお悩みのことがあればお気軽にご相談ください。


okinawa






カテゴリー: 治療院ブログ

当院ホームページ、リニューアルしました。

2018年5月9日 (水) 18:45

はじめまして。

藤が丘ティーダ鍼灸整骨院、院長の鈴木です。


今回、当院のホームページをリニューアルしました。

出来上がったばかりでまだまだ未熟な部分もありますが、少しでもみなさまに当院のことを知って頂いたり、みなさまのお役に立てればと思っています。


ホームページだけではわからない部分もたくさんあると思います。

電話での無料相談も受け付けていますのでご気軽にご相談下さい。


DSC05763 (2)

カテゴリー: 治療院ブログ

WEB予約はこちらから

ティーダ鍼灸整骨院

【住所】 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-17 T.BOX3F
【アクセス】 東急田園都市線 「藤が丘駅」徒歩1分
【診療時間】 8:45~12:00 14:00~19:00(土曜日9:00~12:00)
【休診日】 日・祝

045-507-4989

ブログカレンダ−

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

子宝専科

Web予約

女性専科Web予約

交通事故治療

お知らせ

2018.9.20
都合により9月25日(火)午前を休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
2018.9.12
都合により9月13日(木)16時以降の診療を休診させていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。
2018.5.8
現在準備中です
  • 子宝専科

  • Web予約

  • 女性専科Web予約

  • 交通事故治療

  • Facebook

Facebook

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop